読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情 状 酌 量 。

もやもやしつつ、もやもやしない。

中島みゆき『糸』

言わずと知れた名曲。興味深いのは出だしの歌詞。

 

なぜめぐり逢うのかを 私たちは何も知らない

 

私はこの歌い出しにいつも聞き入ってしまう。

このフレーズは無意識のうちに、誰かと誰かの出会いに「意味(理由)」があることを前提させているように思う。

よくよく考えてみれば、本来は「出会いの意味」といったようなものがあるとは限らないにも関わらず。

 

この、たった一文の歌い出しで、出逢いに意味が存在しているかのように聞かせ、そしてまたその意味を知ることが決してないという、不可知なものに弄ばれている人間の儚さを伝えるメロディーの秀逸さ。それはそれはすごいことだ。

 

続けて次の歌詞を見てみます。

 

どこにいたの 生きてきたの 

遠い空の下 二つの物語

 

この「遠い空の下」と「二つの物語」の部分で、私は「私」でも「あなた」でもない、それを俯瞰する神のような視点を感じている。

ここで私は「奇跡的な確率によって巡り合わせた出会い」を連想させられ、運命的なものを感じさせられている。

 

けれども、そのような「奇跡的な確率によって生まれた出会い」に一体何の意味があるのか?・・・そのことが不確かなまま歌は進行してゆく。

中島みゆきは「奇跡的=意味がある」などと単純でつまらない思考をしない。(と私は思っている)

この点について漠然と感じられていることを考えるのに、サビを見ていきたい。

 

サビでは人との出会いを通じて、「誰かと私が一体となって、他の誰かに意味をなす可能性が歌われている。一番有名な部分だ。

 

縦の糸はあなた 横の糸は私 

織り成す布はいつか誰かを 

あたためうるかもしれない

 

潜在的なイメージを洗い出してみると・・・

 

まず、私たちは「糸」のか細さに儚さを感じる。

そして次に私たちは、一本一本の「糸」から織り成された「布」に決して強くはない力(ここでは意味に等しい)を感じる。

だが「糸」が「布」となることは、まだ「意味」において非力である。

もっと言えば、私たちが生きている中で、何か確実な「幸せ」や「意味」を感じられるかはわからない。

けれどももし、私が誰かと出逢い、一体となることで生まれた「布」が、他の誰かをあたたられるかもしれない、その可能性を感じてみたならば・・・

そのことにはもしかしたら意味があるかもしれない。

(私はここで、生まれたばかりの子供や、寒さに震えている人間を想像する。つまり温められなければならない人を想像している。)

 

と、こんな感じで私はこの歌を聴いていると思う。

 

一般に人は、生きることに意味があってほしいと、意識的であれ潜在的であれ、どこかで願っている。

一方で、生きることの意味を知ることは出来ないがために、漠然とした儚さを感じている。

このサビの部分の「誰かを あたためうるかもしれない」という非断定には、生きる意味への「願い」と、断定できない意味での「儚さ」が感じられるのだ。

 

そしてこの「あたためる」という言葉に、私はさらに深い意味を感じている。

というのも 「あたたかい」という感覚的な快楽が、「幸せ」というような曖昧な概念とは違って、誰もが感じたことがあるであろう普遍的なよろこびの一つだからだ。

ここに聞き手は、一種儚いながらの「確実さのある意味」のようなものを、不確定なままに見出すのだが、このことは他方、この歌詞の持つ視点が「幸せ」といったようなものを、確実な生きる意味として捉えていないことを露呈している。

 

この歌は人と人との出会いの意味と、また生きる意味と、双方を考えさせる歌だが、1番でも2番でも、私と誰かが織り成した布が「誰かをあたためうるかもしれない」「誰かの傷をかばうかもしれない」といった表現がなされるばかりで、直接的に意味をなすであろうことは語られていない。そのようにして、出会いや生きる意味の儚さや不可知さへの感度が一定に保たれている。

同時に、この歌において出会いや生きる意味は、決して「幸せ」という言葉では語られない。歌を聴いている人々の中に当然のごとく連想されてくる「幸せ」という言葉については、最後にこのようにうたわれて締めくくられている。

 

逢うべき糸に出逢えることを

人は仕合わせと呼びます

 

「幸せ」ではなく「仕合わせ」。

それは主観的な感情に与える名詞としてではなくて、「何かと何かの巡り合わせが良いこと」として、すなわち辞書の意味どおりに、極めて客観的に描かれている。