読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情 状 酌 量 。

もやもやしつつ、もやもやしない。

日本のお笑いは世界一だと思うけど茂木氏を擁護する議論 —アウトサイダーへの期待感—  

ちょっと前に話題になった茂木健一郎氏のお笑い批判について記事をいくつか読んだ。

 

私は別にお笑いマニアではないけれど、かつてはライブやR1グランプリやらを劇場に見に行ったりしていて、「日本のお笑いは世界一」と思って疑わない人なので(世界のお笑いを比べたわけじゃないけど)、ニュースを知った時は、一瞬茂木さんを「?」と思った。

「ん?社会風刺?」

・・・そりゃ松ちゃんがセンスないっていうよ。

と、ここに基本みんな頷くだろうという気がした。

 

でも、

http://lite-ra.com/2017/03/post-2992.html

を読んでみると、確かに思うこともある。

 

私は別に「お笑い芸人は権力批判した方が良い」とは全然思ってはないけれども、

例えば

「深夜に亀甲縛りとかしてたような(うろ覚えだけど)バナナマンがお茶の間に溶け込んでしまっているなあ。」とか。あるいは

板尾創路氏やジュニア氏が、今じゃNHKで携帯大喜利かあ。」とか。(今田氏はなんかビジネスお笑いが似合ってるけど)

人知れず心の奥で、かすかに感じられた違和感みたいなものがある。

要は、

「かつてアウトサイダーとしての期待感を抱かせてくれていた誰かが、権力側に回ってしまった時の寂しさ」

はある。

 

基本的にやっぱりお笑いは庶民のもので、お笑い芸人には普段日常的に私たちができずにいることをやってくれたりすることへの期待感とかあるわけで、「そんなことしちゃっていいんだ?!」とか、「思考の枠組みをぶっ壊すこと」が期待されているところが存分にある。これはお笑い芸人も疑わないだろうと思う。

別に社会風刺に特化しなくたって、今でもそういうコンテンツは十分にあると思うけど、それでも昔ヤンチャしていたはずのお笑い芸人が、当たり障りのないコメントする司会者する側にいっちゃうとか、残念な感じは、私の中にもやっぱりあって、もっとギリギリな、予定調和的じゃない発言しないかなあ、とか期待してたりする。

 

とは言っても、

アウトサイダーへの期待」って、こっちの勝手な期待とも言えるし、

「給料がべらぼうに良ければ、誰でも(司会者を)誘われたらやるよなあ」とか、

「賢い生き方してるなあ」とかいう見方が頭の中で自動的に、勝手に、働いてしまっているから、通常はそのことをあえて批判すべき論点とは思っていないのだと思う。

 

このことは視聴者側が飼いならされた思考の中でお笑いを見てるってことで、エンターテイナーに期待していることを半ば諦め気味に(中途半端な気持ちで)見ているってことだ。

 

だからそういう脳裏で潜在的に消されてしまっている薄っすらとした違和感みたいなものを呼び覚ます意味では、今回の議論は意味があったと思うし、茂木さんの発言がトンチンカンでもまあ起爆剤になったからいいじゃんというか、これに乗じてもっともっと、

「真のお笑いを提供する場所とは?」

とか、

「お笑い芸人の進化系って一体どこにあるの(数字の取れる司会者になることなの?)」

とか、いろいろ議論すれば良いのに、あれだけ茂木さんが叩かれると・・・。という気がした。

 

それから古市氏の発言を見て見ると、

「(権力を批判する役割を)芸人という他人に押し付けるんじゃなくて、もし自分が批判をしたいんだったら、自分が批判するべき」

 

と、これも極めてまっとうぽい意見だけど、茂木氏はシールヅ応援とかしているのだったら、別にそれとは別にお笑い批判したっていいじゃん、とも思うし、どちらかというと批判する側を黙らせたり自己完結させるための論理を提示するよりも、社会にとって有意義な論点を考える方が生産的なのではと思う。

 

私達にとってのお笑いって何だろう。

お笑いに対する期待って何だろう。

お笑いに対する違和感があるなら、そこに付随する社会構造の問題点って何だろう。と。

 

でも古市氏の発言のおかげでわかったことは、多分茂木さんは茂木さん自身の権力批判イデオロギー的なものがお笑い批判の中に混在しているせいで、というかそういう風に聞こえる表現をしたせいで、純粋なアウトサイダーへの期待感の話とは違って、なんか共感しづらいということ。(少なくとも、私は共感しづらいと感じた。)

 

個人的な考えとしては、一般的には恐らく「お笑い芸人に反体制的であってほしい人」よりも、「お笑い芸人にアウトサイダーとしての期待感を抱いたことのある人」の方が多くいるのではないかと思うので、そのことの意義を中心にしつつ、別の議論に移行した方が有益なのではないかと思う。