情 状 酌 量 。

もやもやしつつ、もやもやしない。

紙幣の顔 ー1000円札は手塚治虫でお願いしますー

元号発表に続き、新紙幣の案が出たことで世間がざわついている。

 

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎

 

う〜ん。

福沢諭吉を取りやめて渋沢栄一に納得するほど、渋沢栄一は偉人なんだろうかと人口の半数以上が思うのではないかというような違和感。

今までの紙幣の顔と言えば、伝記で読んだことがあるような偉人が多かったのでこうした違和感があるのかなと思う。

私が知らないだけで、すでに彼らは子供が読むような伝記になっているのでしょうか・・・

 

私は前回の新紙幣発行の時から、1000円札は手塚治虫にしてほしいと思っている。

漫画の神様である手塚治虫を1000円にする案は、口にすると大体同意を得られる。

でも確か、偽造防止の意味合い上、造形に複雑さがない顔(シワがないとか)は選ばれづらいとかと読んだことがあるような気もする。

知人と話し合った際、

 「でも造形に複雑さがない顔は確かダメなんじゃなかったかな・・・」と私が言うと、

「ベレー帽をリアルにするのじゃダメなの?」と言ってくる。

そんなの知らない。

 

とにもかくにも、日本の漫画文化が世界にどれだけの影響を与え、どれだけの経済効果、ソフトパワーとしての力を持ったかと考えてみれば、手塚治虫は前1000円札の夏目漱石よりも適役であるし、その偉大さは伝記に表すまでもなく、7〜80代から2〜30代くらいまでに広く知られているはずであるから国民納得率は高いはずではないかと思う。

 

1000円札はこれでよし。

5000円と1万円はどうしよう。

 

資本主義経済に貢献した人間という縛り、そして一人は女性、という縛りを入れると、なかなか1万円と5千円札を決めるのは難しいものがある。

友達と話し合ったところ、一番に上がった大物女性は卑弥呼、アマテラス。

 

と言っても資本主義経済にどう貢献したかもわからないし(国を作ったことに関与していれば、どうやっても関係してくるはずなのだけど)、肖像画も昔であればあるほど詳細が不明なので、こうした選択は難しいのではないかと思われてくる。

 

ただ、こうして話し合ってみると、紙幣の顔に求められているのは「ロマン」だ。

 

時代的には1万円を女性、ということで良さそうだし、アマテラスくらい根本的なら1万円に相応しい。

というか5000円に女性を入れるその感じはあまりにアファーマティブアクション感があって、逆に鬱陶しい。

ちゃんと女性に敬意を払っているのならば、1万円にするほどの女性を選びたい。

そして1万円にするほどの女性を選ぶとなるとアマテラスか卑弥呼なのだ。

肖像画はなくたって、源氏物語(2000円札)というフィクションで押し通せるなら、アマテラスや卑弥呼だって行けるはずだ。

 

「紙幣の顔」はある程度、歴史がある偉人のほうが、思考やイメージに奥行きが出そうだが、「近代を作った」という意味合いが何よりも重要ならば、アマテラスは行き過ぎているだろう。

とは言え、あまりに近現代過ぎて小物感を出すのも納得率がダダ下がり。

 

5000円は西郷どんとか龍馬あたりで、国民の総意が得られそう。

個人的には1万円から価値が下がるに従って、現代感を出すくらいが良い気がする。

その意味でも手塚治虫は1000円札として適役です。

 

新紙幣問題・・・そもそも今更紙幣っているの?という話もある。

いるならだれを「紙幣の顔」にするか?を私なりに考えてみました。

アマテラスはさておき、1000円が手塚治虫、というところは譲れない。

皆さんはどうお思いでしょうか。

 

お葬式と言論弾圧 ー内田也哉子の謝辞を読んでー

 

お葬式というのは最も偽りを感じる場なのかもしれない。

嘘偽りない人を発見してドキッとするのは、お葬式だからだ。

 

内田裕也のお別れの会での、内田也哉子の謝辞が素晴らしい。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/03/kiji/20190403s00041000248000c.html

 

こういう言葉をお葬式で言い合える家族関係であって良いのなら、家族というものも悪くない、と思わせてくれる秀逸な謝辞だ。

 

私は冠婚葬祭が嫌いだ。冠婚葬祭はソフトな言論弾圧の場だからだ。

日時を合わせてそれ相応に着飾ったり笑ったり泣いたり・・・

人類学的に言えばそれは関係性の再構築だとか、それなりの解釈は出来るだろうが、正直猿が関係の再構築のために会合を開くとは考え難いし、猿とか動物がしないことというのは大体不純なのだ。

もし霊界の関係でお葬式が必要だと言うのであれば仕方がないような気もするのだが、一度も納得のいく説明を受けたことがないし、今のところ自分で納得のいく説明をつけられない。

 

人の死を迎える時には、受け手は最も単純で、最も純粋であるべきだ。

だからわざわざ嘘を並べて悲しんでいるふりをしなくていいし、行きたくなければ行かなくて良い。

誰かに会うことで嘘が始まる。

そこに言葉を添える場合、大抵は腹の底から語られる言葉ではない。

だから私は本当に大事な人が亡くなって喪に服す時は、出来れば誰とも会わないでいたい。

そしてわざわざ参列したならば、嘘のない自分で参列する方が良いと思うけれど、

それはあまりにも難しい。

あまりにも難しいから、それが出来ている人を見ると心が射抜かれる思いがする。

内田也哉子以外で私が葬式スタンスで心を打たれた二人。

 

さかなクン

https://twinavi.jp/topics/tidbits/56aededf-7dc4-49a3-9652-28155546ec81

 

明和電機社長

https://www.excite.co.jp/news/article/Getnews_2005000/

 

どうかお葬式が、自分を偽る場でなくなりますように。

男性のラジオ好きアピール  ー個人の趣向とセルフプロデュースについてー

 

「俺、ラジオが好きなんだよね。」

と言ってくる男性を何人か見たことがある。

 

へぇ、ラジオが好きなんだ。

 

と思う。

最初は割りかし素直にそれを聞いたように思う。

 

その言葉の受け手である私は、確か最初は中学生だった(ような)。

そして今まで20年くらいをかけて、何人かそう言ってくる男性を見ているうちに、だんだんと違和感が生まれてくる。

どうも「ラジオが好き」と言ってくる男性は、自分の何かをアピールしているような気がする。という違和感だ。

 

これはきっと男性個人の感性のアピールなのだ。

それが一体どういう気持ちで発せられているかはわからないが、それは必ず、人間として一対一の場で起こる。しかも電話とか、手紙とか、チャットとか、どちらかというと内面的なやり取りをしている場で起こる。私が今名指そうとしている「彼ら」はそれを決して大人数の前で言わない。(気がする)

そのせいだろうと思う。受け手の私にはいつも、何かこう、男が自分の内面の湿り気や繊細さを、軽やかに、もしくは知的に、そして知的すぎずに、あるいはポップにアピールする何かに聞こえていた。

手っ取り早く言えば、自分にはその種の内面がある、ということをおしゃれにアピールしている感じがしていた。命名することでそれを馬鹿にしたりするような悪意はさらさらないのだけれども、それを名詞化するならば、「男の人のラジオ好きアピール」だ。

 

最も近しい男の友人が、出会って何年もしてからか、そう言ってくるのを聞いたとき、私は「これは、私の本心を言ってやらねば」という気がした。

あなたのその個人の感性アピールのようなものは、既に私の中でパターン化されてしまっていて、「括られている」ということを。

何一つ個人的な感性のアピールになっていないどころか、それを何人も見た女の私によって、違和感を持って見られているよ、ということを。

 

なので私は、

 

「何で男って、「ラジオが好きなんだよね」って言ってくるの?」

 

と指摘した。

と言っても、私の指摘には悪意はないどころか、どちらかというと相手の成長を促すための一種の優しさなので、信頼関係が成り立った上でしか言わないし、私が鏡を当てるのは、一定以上知的な人に限定されているので、言われた相手が予定調和をかき乱されて恥をかくようなことは、無論ないので心配ご無用。

 

相手もそれを恐らく十分わかりつつ、笑いながら

 

「え、男ってそういうこと言ってくるもんなの?笑」

 

と返す。それで私は、やっぱりな。と思う。

 

彼がその傾向を知らないのは、「俺、ラジオが好きなんだよね」という告白が、恐らく対女性に向けられた感性の告白(ないしアピール)であるせいなのだ。

男同士ではそのような語りが発生しないので、自分のような男が既に女性によってパターン化されているなんて、きっと思いもよらないのだ。

 

この種のラジオ好き以外の、純粋なラジオ好きの男は、特別媒体に拘っている感じも出さずに、さらっと、「俺、伊集院光のラジオが好きなんだよね」と、もっと具体的に、よりマニアックに話す印象がある。

伊集院光のラジオが好き」と言った場合、女性側がそこそこカルチャーに詳しくないと、それがどういう趣向なのかすらわからないので、趣向を見せすぎることで女性にひかれることもある。真のラジオユーザーはそういうリスクを普通に純粋におかしてくる気がする。

 

だけど、「ラジオが好き」くらいだと、そういう心配はない。

「私このカフェにくると必ずこのマフィンとコーヒー頼むの」という発言くらい、さっぱりとしていて小洒落ている。

 

どちらの内容であれ、特に知的な人による「〜が好き」という言葉には、程度の差はあれ、セルフプロデュース・自己表現が入っていることが多い。

だからある程度知的だったり知的情報の交換を好む人たちは、相手が純粋に何が好きかを聞いているというよりは、相手のセルフプロデュース・自己表現の内容の仕上がりを気にかけたりしていて、また自分が自己表現する際にも自分のセンスを偏りなく相手に理解してもらおうとしながら、「〜が好き」という言葉の中に自分のセンス、自己表現をねじ込んでいる気がする。

 

大人になってくると(か、あるいは私が自意識過剰だからかは知らないが)、段々その現象自体に倦み(ウミ)が感じられてきて、もはや「〜が好き」にセルフプロデュースないし自己表現をねじ込むコミュニケーションが面倒臭くて止めてしまう人たちも沢山いるだろうし、私のように、その現象自体を記し始める方が有意義な気持ちになってくる人もいたりと、「〜が好き」をどう「こなす」か、ということには個々人の性格がある程度出るように思われる。

 

話を戻すと。

とは言え、ラジオ好きアピールをする男の人が、私に対して、自分が繊細な男性であることを性的に意識させるために、アピールしていると思ったことはないし、彼らもそこまでいやらしいわけではない。

それが女性に対して行われるからといって、直接的に性的魅力のアピールに関係していると言えるほど話は単純でもなくて、受け手の私が分析するところによれば、それはきっと、男の「俺」というよりは「僕」である時の、自己の内面を表す表現の一種なのではないかと思う。

恐らく、彼らが間接的に表現しているのは、

 

ーーー

僕の心の中には、どちらかといえば女々しい(=女性のあなたに近しい)

僕がいます。

ーーー

 

というようなことなんじゃないか。それをポップに表現しているのが「俺、ラジオが好きなんだよね」という言葉なんじゃないかと私は個人的に思っている。