情 状 酌 量 。

もやもやしつつ、もやもやしない。

幸せな家族の会話

 

先日友人の実家にお邪魔した。

 

行ってすぐ夜ご飯を食べ始めて、30分以内には彼ら一族の会話に私も一緒になって爆笑していた。

 

確か一つは中国の旅行に行った時、誰々さんが、筆談でお店の人に何かを伝えようとして、漢字で文章を書いた後にレ点を打ったという話。

 

で、もう一つは、友達の妹の婚活話だった。

 

妹が手取り11万の彼氏のことを話すと、友達(兄)と私が心配して、結婚への心構えみたいなことを話すが、最初から話の切り口が月収だったせいか、どうしても心配しているこちらがお金で人を選ばせようとしているような響きになってしまっていた。

私と友人はどちらかというと文芸的な思考をするタイプだから、お金で人を選ばせたい考え方をしている人たちではないのだけど、妹はモデルの仕事をしていたりして、まあまあお金が要りそうな性格なこと、そして話を聞いていると、その彼氏にはお金もない、才能もない、しっかりとした自分の物の見方を持っているわけでもない、野心があるわけでもない、すごい好きでたまらないというわけでもない・・・という感じだったので、どうしても、

「何があるというわけでもない、そしてまだ結婚どうしようという踏ん切りがつかない状況なら、ある程度の収入のある人を探したら?」

という流れになりやすかったのだ。(というか私は前々から友人が、何もない男を選ぼうとする妹に失望しているのを聞いていたので、知らず知らずのうちに、友人が望む方に計らってしまっていたのもある)

 

そこへ友達の父が、しみじみと悟り口調で語ったのは、

 

「でもまあ長い人生で見たら、いいとこ悪いとこ、お金があろうとなかろうと、どんな人でも大体同じよ」

 

という、人間万事塞翁が馬的な、この上なく寛容な言葉だった。

そこで一旦、「収入ある人を探したら」、「そうでなくとも何か自分を持っている人を」と言っている私たちがまるで浅はかな人間かのように映ったあと、

「ところで彼のどんなところが好きなの?」と私が妹に聞くと、妹は「優しいところ」と答え、

「ヴィジュアルはどんな感じ?」と聞くと「ちょっと太ってる」と答えると、

さっきまでしみじみ悟り口調で寛容な姿勢を示していた父親が、

 

「え?太ってんの?収入も低い、儲けたいという野心もない、あれもない、これもない・・・で、しかも太ってんの?・・・いいとこ無しや〜〜〜〜ん」

 

と言って、家族で爆笑。

 

彼氏を笑い者にしているという風にも取られない危険な会話だが、友人の父も結婚した当時は月収12万くらいだったらしく(と言っても数十年前の12万だが)、「どんな人と結婚しても幸せ度数は大体同じ」という物の見方も持ってる父からすれば(この考えも嘘なわけじゃない)、その場の会話を楽しんでいるだけで、具体的にその彼氏をどうこう言っているわけでもないのだ。

だから妹も一緒に爆笑している。

 

要は婚活の会話としては全く生産性のない会話なのだけれど、32の娘に対してこれだけ生産性のない会話を楽しめる家族の心の余裕はすごい、というか、むしろ家族がそれだけワイワイ楽しめてしまい、しかも裕福な彼らは自分たちの家族だけでも幸せがすでに完結していて、本当に心から家を出ていきたいという気持ちがないのかも、という気がしたほど、幸せそうだった。

 

私の家族は生産性を求めて価値観をぶつけ合うスタイルなので(会話の目的は笑いというよりも、お互いの価値観を確認し合う意味合いが強い)、ここまで生産性を求めずに会話を楽しめる家族が私にはとても「幸せな家族像」に映り、そんな幸せな家族があるんだなと思いながら、帰宅した。

 

成人誌販売中止の偽善感が圧倒的に許せない。 

 

今日はここ数日話題になっているニュースを取り上げます。

www3.nhk.or.jp

www.nikkei.com

 

二つのニュースは両方同じく、成人雑誌販売をやめるというニュース。

こんなに立て続けに、しかも唐突に、街角から成人雑誌販売を止める働きがあるなんて明らかに変で、どう見ても背景にはオリンピックに向けて、という対外的な理由が根底にあるものと思われる。

 

にも関わらず、記事には

「女性や子どもが安心して店舗を訪れるよう配慮する。」と、全くの偽善が書かれていることには、まずもって驚愕せずにはいられない。

 

もし日本の社会が「女性や子供」のことを、(この記事に書かれているような意味で)真に配慮する国ならば、2017年、既にコンビニに成人誌は売られていないと思う。

「街角に成人誌が溢れていることを今まで誰もおかしいと思ってなかった。そして今女性や子供の人権問題を配慮すべき時がきましたね。うんうん。めでたし。」

などと、まさか唐突にそのような時代がやってきたわけじゃない。

私たちは「意識が未開だった」わけじゃないのだ。

今までもおかしいと思ったり不快に思う人は多くいたけれど、それでも女性を含め大方の日本人が「社会に於いて性産業を大っぴらにすること」に対し暗黙の了解を示し、寛容な目で接してきたのであり、また人権やらの論理を盾にして今までの性のあり方を急速に否定し、抑圧・隠蔽をしないことを、「自然」と感じてきたのであり、「是」としてきたのである。

 

もちろん単純な問題として考えれば、あのような雑誌群、私はいらないと思う(私は用はないし、買い物中に変なものが目に飛び込んできて目障りだから)。でも今まで成人誌がそこにあったということは、そんな個人の趣向に限定された問題じゃないのだ。日本の性の道徳意識がそこに現れているのだ。あれらがあそこにあっても良いような意識を形成してきているのだ。だからこれは「成人雑誌はコンビニにいる、いらない」という狭い論点で個人の趣向を語るべき問題じゃなくて、今まで成人誌がそこにあったということ、そしてそれが無くなるということを、私たち日本人の公共意識と関わる問題として捉えなければならないと思う。

 

にも関わらず、まるで私たちには何の権利もないかのような、この唐突なニュース。

それがオリンピックのためなら、なぜ日本は下品な雑誌の背後で万人が共有している素晴らしい日本の公共意識を国外の人たちに対して「日本はこういうものです」とアピール出来ないのか?とか、そのアピールができないどころか、なぜ雑誌を販売中止にする理由に女性や子供を持ち出して盾にするのか?、なぜ盾にすることで、女性や子供を「配慮」しているのではなく、むしろ「利用」していることに気付けないのか?・・・いろいろな疑問が浮かび、そこにある表層的な偽善的説明が圧倒的に許せなくなってくる。

 

 

そもそも成人誌は「成人誌を見たい側」と「成人誌を見たくない側」双方を考慮すべき問題なのだから、唐突に「女性や子供の気持ちを配慮」すると言って置くのをやめるというのはおかしいのです。

女性をバカにするのもいい加減にしろよ、と言いたい。

きちんと、「唐突ではありますが、私たちの都合でそうするべき時が来ました」と述べるべき。

 

 

というわけで成人誌販売中止のニュースは日本の男尊女卑社会の本質が炙り出されているような気すらして残念でなりません。

靴下が揃う世界

 

私の母は理系で、変にロジカルだ。

そのせいで子供の頃、私の家では靴下が全く揃わないという事態が頻発していた。 

母は靴下を揃えて干さない。そして乾いた靴下をペアにしようともしない。

「両方洗濯機に入れたんなら、なくなる(揃わない)わけないでしょ。」

これが母の一貫した論理だ。

 

我が家は共働き家庭だった上に、府中から日本橋まで毎日1時間以上通勤電車に乗っていた母親は出勤時間が早かったから、私たち兄弟はいつも自分たちで朝食を食べ、着替えをし、靴下を履き、忘れ物のないようにランドセルに教科書や道具を揃え、自ら学校に出かけなければならなかった。

靴下の左右仲よく揃ったペアがまとめて洋服ダンスに入れられているなんてことは、一度たりともない。私たち兄弟からすると、そんな都合の良い話はテレビの中の出来事、すなわちフィクション的なものであった。

 

私たちの現実では靴下はビニール袋に入っていた。30、40足くらいの、靴下がビニール袋にまとめられていて、その中から一生懸命ペアを探すのである。

これは途方もない気持ちにさせられる作業で、なぜか自分で靴下を「狩って」からでなければ、学校に行くことはできない。本当に時間がなくどうしようもない時は「似てる」やつを履くしかない。

もちろん子供達は母親に文句を言う。靴下が揃わない、ペアにならない、なんでだ!と。

だが文句を言うと、母は必ずこう言い返してくるのだ。

「両方洗濯機に入れたんなら、なくなるはずないじゃない?」

私は子供の時それを聞くと、「確かに」という気持ちになって反論ができなかった。

妙にロジカルに母の問いは「もし(靴下の片方が)消えたのなら一体どこに?」という問いを含んでいて、なぜか逆に私が神隠しを主張しているような感じさえした。

ただ事実として、靴下は全然揃っていない。

 

しかもそんなに揃わないからといって靴下を諦めるわけにはいかない理由があった。と言うのも私は小学校二年生の時に、

「お前何で靴下履いてないの?ビンボー!」

と同級生に言われたことがあるからだ。

 

そういえば、その時も母に相談した。「靴下履いてないって、ビンボーなの?」

まだ何も知らない小学校二年生の娘に、母はこう答えた。

「なんで靴下を履かないことが貧乏ということになるの?うちに靴下がないわけじゃないから、貧乏ではないでしょう。むしろ履かないでいられるなんて、その人たちより健康的なんじゃない?」

私はそういわれてすごく励まされたが、その日以降靴下を履かない日はなくなった。

 

ところで、常識的な家庭に生まれることが出来たあなたはこう思うかもしれない。

「ビニール袋に揃わない靴下ががっさり入れられている家庭・・・まあなんてだらしないのかしら」

しかし恐ろしいことに、ビニール袋に入れられる前、大量の揃わぬ靴下たちは家のあちらこちらに散在していたのであり、大掃除をした時に、「わからなくならないように、ここに封じ込めておこう」としたことによって生まれたビニール袋という合理性は、私にとってはもはや疑うべき点のない、知恵そのものなのであった。

 

そんな私は、靴下というものは揃わないものなのだという信念を持って大人になった。だが無論、知恵は進化する。私たちは大人になる。何と、子供達の大小様々だった足のサイズが、皆、ほぼ同じ大きさに揃うという素晴らしい時代が到来した。

「もう揃わない靴下は嫌だ。我々は全く同じサイズ且つ同じデザインの靴下を、大量に揃えようじゃないか!」

意気揚々誰かがそう言うと、満場一致でそのアイディアは採用された。

だから私は大学時代、男物の靴下しか履くことがなかった。

比率的には女性の方が多かった気がする我が家で、家族皆が共有出来るサイズの、「男物の靴下25.0-27.0」を20足くらい一度に購入し、家族全員がそれを履いて問題のない暮らしをしたのである。

 

ーーーー

 

その後私は親戚の家に居候をしたりしながら暮らしてきたのだが。

その都度、驚くことがある。

それは、靴下が異様に揃うということだ。

 

「・・・靴下が揃っている・・・・」

 

靴下を干すたびに、私はいつもそう感心してしまい、誰かにメールしてしまったりする。今はここに文章にすらしてしまっている。

本当に、あまりに靴下が見事に揃うものだから、今では1デザインにつき1足しか購入しないのが常識となった。これは私の中では「ちょっと調子に乗っている」。神様に嫌われないか心配だ。(とはいえ、この境地に至るまではかなりビクビクしていて、大学卒業後も数年くらいは、だいたい最低2、3足くらいは同じ靴下を買ったりしていた)

 

そんなこんなで、靴下の自由を勝ち得た私は今、若干自分がフィクションの世界に生きているような心地がしている。だって、靴下が揃う世界があってその世界の住人になることができるとは、夢にも思っていなかったから。