読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情 状 酌 量 。

もやもやしつつ、もやもやしない。

ミンクのマフラー

友達からミンクのマフラーをもらった。

見たことないほどの短さで、先っぽには磁気が付いていてスヌード風に使える。

よく知らないが、去年からのトレンドらしい。

 

プレゼントというものは、自分では絶対に買わないものを「急に」もらう。

この唐突感、飛躍感はまさしくシュルレアリスムである。

何しろ私の手元に突然アメリカミンクの毛皮がやってきたのだ。(中国や北海道で飼育されたものかもしれないけど)

 

私は最初それをミンクと気づかなくて、悪気なく「これ、何の動物を殺したの?」と言いそうになったが、相手が不愉快になるやも、、と思い、脳裏に浮かんだ言葉を押し殺しておいた。

そうしたらそのあとすぐに友達が、「私これ去年すごく欲しかったんだけど、買えなかった理由の一つが、これのために死んでいる動物が可哀想かなと思って・・・」と言ってきて(この友達の正直さもすごい)、「そうだよねえ!」と私は大きな声で言ってしまった。

 

私は一応、一通りこういうことについて考えたことはあるから、一通り考えを述べて・・・「人間の矛盾」の話になった。

友達もウンウンと理解した後で、「嫌なら他のものに変えてもいいよ。一日時間をあげるから考えて。私はこの冬はこれと同じものを買うつもりだけど。」と言った。

どうやら彼女は覚悟ができているようだ。

 

私は帰ってきてインターネット上を軽く調べた。

こういう議論に関してインターネットで出てくる情報と言えば、「No Fur!」運動に参加している芸能人の名前とか、まあ「それほど寒くないから使用の必然性がない」とか、「生きたまま皮を剥いでるかどうか」とか、そういうことだ。逆に毛皮肯定派の議論はあまりパッとするものがあまり無い。こういうものは自然と、否定する文脈の方が強くなるのだろう。

そもそも私は「このファー」(代替がきかない意味での「これ」)が欲しかったわけではないので、そういう情報を見ていると自然につられて、要らない方向に気持ちが進んでいく。

けれども、こういう「つられる」感覚にこそ注意しなければならないような気もしてくる。そもそも私たちは矛盾なく生きることはできないし、いつでも何かを犠牲にして生きているのに、しかもこと「動物の命」に関し、芸能人のNo Fur!運動などにつられて何かを決めてしまっては、却って自己の尊厳が傷つけられてしまうからだ。

 

私だって動物が好きだ・・・だが「かわいそう」という21世紀的な観点からだけで、人間の文明を安易に否定してしまっていいのだろうか、と考えてみる。

このとき私が想定している「人間の文明」とは、部族の身にまとっている野生的なファッションの事だ。私は実はああいうファッションにこそ生きることのリアルさを感じるし、そういう野生が私たちの中に、少ないけれどもまだ残存しているからこそ、ミンクが周り回って私の手元に来るのかもしれないぞ?とも思うのだ。ならばこれを受け入れてみるのはどうだろう?とも思うのだ。

 

それに、例えばもしこれが部族同士の贈与の一種だったら・・・と思うと、私はこの贈与を喜んで受け取ったかもしれないと思うのだ。(もちろん私の部族のトーテムによりけりかもしれないが)

ちなみに実際ミンクのマフラーを私にくれた彼女は外国人で(私よりも、動物の殺生に関して多少鈍感なところがある。)、だからこれは現代の部族間贈与っぽくもあるのだ。贈り物は、必ずしもシェアされていない「価値」が自分のところに訪れるのが一つの魅力なのであって、時にはギョっとするようなものを贈られるからこそ、自分自身の価値観を再編・再考する余地が生まれる。

 

「虫を殺す」でも書いたが、私は動物の殺生に鈍感な野生(言い方によっては「野蛮さ」)というものも嫌いではない。私が既にそうではあれなくなったからこそ、そういう鈍感さが何か純粋なもののように見えることもある。そしてその意味での殺生への鈍感さは、殺生ではない別の事柄への先鋭な感性でもあるだろう。

けれども私のような軟弱者は、「ついつい物欲しさでミンクを射止めてしまい、気づいたら毛を剥がして首に巻きつけちゃっていたの。」というほど、純粋な気持ちでこれを巻けるかというとそうではなくて、この物品の訪れに飛躍を感じ、気持ちに違和感を残してしまっている。

つまるところ、私は自分自身でその動物を殺す覚悟が出来るくらいのナチュラルな野生の感覚が自分の身体性にまだ備わっているのならば、こういったものを正々堂々と身につけていても良い、と思うっているのだろう。だが、私にはまだその覚悟が出来ていない。出来ていないから、違和感が残る。なにせ私が欲しかったから買った「ミンク」ではないのだから。

 

それでもやはりもしこれが本当に部族同士の贈与の一種であったならば・・・私はこれを家宝のようにして、ずっと携えて生きていくだろう。

ある時は首に巻きつけて、ある時は壁に垂らした装飾品として、ある時は緊急時に淫部を守るものとして・・・

その都度その都度、意味合いを変えて持ち続けるだろうし、そのように大切に出来る感性があるならば、私は堂々とこれを使える。

つまり、「いかに大切に使われるか」とか、またその「時間」も大事な要素だ。

けれども今私が暮らしているのは21世紀の資本主義世界、その交通の激しさから言っても、私は同じ場所に十年と暮らさないし、その場所その場所の気候や風土に適した自分に変化するために、多くのものを捨ててしまう(使わなくなる)だろうことも目に見えている。

だからこそ矛盾が矛盾として浮き彫りになりやすいのだ。

そしてこういうことが目に見えていながらこれをもらってしまえば、私はおそらく「意識的に」この頂きものを大切に保存することになる・・・。

そういう心理的な欺瞞があまりに多くなると、心の衛生上も良くないことが、大人になった今となっては目に見えてしまっている。

 

ともなれば、死んでしまったミンクも私も、ロストロストだ。

ミンクの死が生きるのは、私がこれを巻いてハツラツとしている時だ。

でも本当は私は、殺生に心を悩ます人間の心を持つ一方で、これをハツラツと巻ける、野生的な感性も欲しいと思っている。

この頂きもののファーを十年と保持し、いつか訪れるアフリカ旅行に嬉々として巻いていくような感性。

「なあに、アフリカは暑いからこんなのいらなかったわ!」とか言って、ポイっとバッグの中に投げ入れる感性。

あるいは「私は自分自身で射止めたミンクを体にまといたいの!」と言って、ミンク狩りに出かけてしまうような野生。

 

そういう感性が手に入る自信がまだないので、今回はとりあえず「他のもので。」と友人にお願いしたのだけれど、いや、頑張れば今からでもいけるかなあ・・・と思ったりして、ゆらゆらしている。

あるいはその感性を取り戻すために、このミンクは私の手元に回ってきたのだろうか・・・。