情 状 酌 量 。

もやもやしつつ、もやもやしない。

日本のお笑いは世界一だと思うけど茂木氏を擁護する議論 —アウトサイダーへの期待感—  

ちょっと前に話題になった茂木健一郎氏のお笑い批判について記事をいくつか読んだ。 私は別にお笑いマニアではないけれど、かつてはライブやR1グランプリやらを劇場に見に行ったりしていて、「日本のお笑いは世界一」と思って疑わない人なので(世界のお笑…

靴下が揃う世界

私の母は理系で、変にロジカルだ。 そのせいで子供の頃、私の家では靴下が全く揃わないという事態が頻発していた。 母は靴下を揃えて干さない。そして乾いた靴下をペアにしようともしない。 「両方洗濯機に入れたんなら、なくなる(揃わない)わけないでしょ…

男性の性欲についての友人Hの見解 ー人類基本勃起不全説ー

以前、友人Hが男の性欲についての面白い見解を語ってくれた。 私はその論理を聞くのがなかなか好きで、幾度か説明をしてもらったことがある。 (他の友人によれば、その論理は心理学者の岸田秀に影響を受けたものに違いないとのことだが、何れにしても主旨は…

大人になると本当のことが言えなくなる

「大人には本音と建前がある」と思われているくらいなら、それはまだ救いようがある。 何が本音かが明らかであるからだ。 そうではなくて、大人になると本当のことがわからなくなり、そして言えなくなってくるのを感じる。 心の奥底で、本当のことのように思…

風水を哲学する1

最近引っ越しをした。 引っ越しをすると、気分が一新されて「インテリアをどうしようか?」という楽しい問題にぶつかる。 しかし哲学をする人間にとって「何かを選ぶ」というのはすごく難しいことだ。 一つのソファを選ぶのも、「本当にこれでなければならな…

ミンクのマフラー

友達からミンクのマフラーをもらった。 見たことないほどの短さで、先っぽには磁気が付いていてスヌード風に使える。 よく知らないが、去年からのトレンドらしい。 プレゼントというものは、自分では絶対に買わないものを「急に」もらう。 この唐突感、飛躍…

AV=恋愛ドラマ

多くの女性に怒られそうですが、 男性がAVを見たいと思うのと、女性が恋愛ドラマ(もしくは漫画)を見たいと思うのは同じだ。 というのが私の最近の持論です。 科学的なデータの裏づけとかは皆無ですが、「シミュレーションによって自分の性別の性的感覚を満…

虫を殺す

生まれてこのかた、虫を殺したことのない人っているのかな、とふと思う。多分、いない。 感覚的であればあるほど、虫を簡単に殺し、害虫呼ばわりをしても気にならず、特に虫の命について考えずに暮らせる。内省のない感覚。 そういう言い回しをしてみるとま…

中島みゆき『糸』

言わずと知れた名曲。興味深いのは出だしの歌詞。 なぜめぐり逢うのかを 私たちは何も知らない 私はこの歌い出しにいつも聞き入ってしまう。 このフレーズは無意識のうちに、誰かと誰かの出会いに「意味(理由)」があることを前提させているように思う。 よ…

最高のテクノミュージック ーシュレディンガーの猫ー

これって最高のテクノだよね。 おすすめすぎるのでぜひ、聴いて下さい。 ドリルとナレーションの人の声とその内容と猫の鳴き声が、頭のなかで不穏に交わります。 こういうテクノが増えて欲しい。 物語のナレーションがもはや音楽の一部になっているやつって…

既読スルーと不安について2 ー既読スルーをスルーできるか?ー

2. 返事を待つときの不安が一つの問題になるのは、誰しもにとって心の弱い部分があるということ、それが本来的に「そういうもの(構造)である」ことを意味している。特に現代は合理的な思考をし過ぎてしまうから、「返事が来ない=無視=私を嫌いだから」…

既読スルーと不安について1 ー既読スルーをスルーできるか?ー

1. 既読スルー(及び未読放置)の不安というのは、基本的には「相手がどう思っているのかわからない」ということに対しての不安であるが、本質的には事態が未決定のままあることへの不安であると思う。 不安を不安のままに保つことは人間にとって難しい。…

共通言語と生息地の壁 

外人の友達が日本に来たとき、 「どうして日本人は、大体似たり寄ったりの人間でグループを構成していることが多いのか」 みたいなことを聞かれたことがある。確かに私が接客業をしていたときも、「ギャル男と清楚」みたいな異色のカップルは大体外人だとす…

晒し上げポスターの是非について

こんにちは。量子ちゃんです。 ねえ、皆さん、これは恐ろしいですよ! <a href="http://wired.jp/2015/05/20/creepy-ads-use-litterbugs-dna-shame-publicly/" data-mce-href="http://wired.jp/2015/05/20/creepy-ads-use-litterbugs-dna-shame-publicly/">ゴミについたDNAから顔を復元、ポイ捨てした人をポスターにするキャンペーン « WIRED.jp</a>wired.jp http://wired.jp/2015/05/20/creepy…

世界遺産って何だろう。

どこどこが世界遺産になります、という話しをニュースなどでよく聞くけれども、世界遺産って何だよと思う人も少なくないはず。富士山は富士山であるだけでも美しいのに、どうして世界のよくわからん機構に箔付けされなければならないのだ、と疑問になる(富…

クリエイティブ整形 ー未来の整形はいかにー

私は整形手術が好きではない。女性なら思春期頃には誰でも「もうちょっとこの目が大きかったら」などと思って自分が整形をしたらという可能性をいくらかは考えてみるものだろう。でも本質的なことを考えていくと、結局整形は欲望から生じる気の迷いであるか…

脱毛広告と美の問題1 —社会的価値と自分的価値—

1. 大学生くらいまでは電車の中の広告がとても気持ち悪かった。広告というのはこちらの欲につけ込もうとする戦略というか、洗脳的な側面があるから、一人でずっとそういう情報に晒されていると、頭がおかしくなりそうになるのだ。 例えば「永久脱毛」の広…